床矯正

オームコのzoopack

こんにちは

 

大河内です。

 

「前歯にC Rボタンをつけてエラスティックゴムで近心に牽引する」という処置を床矯正装置の拡大後に行うことがあります。

 

「その時のエラスティックゴムはどこのメーカーのものを使っていますか?」と聞かれることがあります。

 

両側に牽引する場合はパワーチェーンですが、唇側線とC Rボタンで片側に寄せる場合はエラスティックゴムを使います。特に指定するわけではありませんが、オームコのzoopackというものを使っています。

 

https://www.kavo.co.jp/product/ormcoproduct/power-product/zubackerastic

 

このzoopackシリーズのDミディアムヘビーのシリーズです。

 

シマリス・ウサギ・キツネ・ペンギン・モンキーまで揃えています。特にシマリス、ウサギとキツネの頻度が高いです。ロバ・ラマ・キリンは使わないので買っていません。

 

だいたい、2〜3倍くらいの大きさで伸びる距離のゴムを選んで患者さんに1袋渡して毎日交換していただきます。1袋に100本入ってるので、毎日交換しても3ヶ月は持ちます。距離にはよりますが、ほとんどの場合は1ヶ月以内で動いてきます。

 

ゴムの強さはちょっと弱いかなと思っていても、拡大直後ならば歯の動きも良くなっているので2倍くらいの距離でも十分動きます。あまり強くすると痛みが出たりすることもあるので、初めてやる患者さんなんかは弱めから始めると良いでしょうね。

 

「他のメーカーものはどうですか?」と聞かれることもあるのですが、これで満足しているので他のメーカーのものを使ったことがないのです。なので、比べられずにすみません。

 

ぜひ良いものがあれば教えていただければと思います。

 

 

 

■書籍■

 

GPのための床矯正治療を成功させる床装置と設計

デンタルダイヤモンド社 大河内淑子著

https://www.shien.co.jp/act/d.do?id=9810

 

■Ciメディカル主催セミナー■

1月31日予定

Ciメディカル東京 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子

講演内容は基本的なパナシールド 及びトレーニング器具などの紹介です。