日常あれこれ

食べ物の事故

こんにちは

 

大河内です

 

昨日、4歳のお子さんが幼稚園のブドウでのどをつまらせたという報道がありました。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200908/k10012606781000.html

 

 

このような食べ物による事故は本当に心が痛みます。

 

子供たちの食に関わる仕事をしていると、いろいろなことを考えさせられます。

プチトマトなどののどに詰まりやすい食べ物は以前より「給食に出さない」「小さく切る」などが対策としてなされてきました。

 

のどに詰まりやすい食べ物への対策は家庭でも同じなのでしょうが、

私たちは「歯を使う」という意味でも、どのような食べ物でも、できるだけ前歯でかじって、それから奥歯ですりつぶすような食べ方をしてもらうことがそのような対策へと繋がるのではないかと感じます。

 

また、小さい頃から「よく噛んでから飲み込む」を習慣つけることもそのひとつであると考えます。

 

食育についてはいろいろと言われていますが、

「何を食べる」

よりも

「食べ方」

という口の機能はやはり私たちの仕事だなあと、その必要性を強く感じました。

 

岡崎好秀先生はこの「食べるための口腔機能」の話を書籍などでいつも話されています。

いろんなアプローチの手技を持って、患者さんの生活に関わる指導ができるようになりたいですよね。

 

 

■いいかおそだて主催セミナー■

9月16日-20日 特典付きスタッフ向けバイオセラピーセミナー(オンライン)予定

(売り上げの一部はチャリティーとして寄付させていただきます)

「コロナ時代のバイオセラピー 食育を中心に」

https://peraichi.com/landing_pages/view/zqwa2

 

お申し込み締め切りは9月9日。

■Ciメディカル主催セミナー■

9月13日(日)14:00~17:00

Ciメディカル東京ショールーム及びオンライン開催 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子
(内容の一部はいいかおそだて5月20日主催のセミナーと重複しております。内容についてのお問い合わせはinfo@iikaosodate.comまで) お申し込みはCiメディカルセミナー係まで。

 

■院内出張セミナー■

衛生士・助手向け 「口腔筋機能療法(バイオセラピー)・実践セミナー」3h

衛生士・助手向け 「装置の調整と説明・実践セミナー」3h

講師:大河内淑子

「お問い合わせ」ページから直接お問い合わせください。