床矯正

フックなしでもいける

こんにちは

 

大河内です

 

イージーフック、クリンパブルフックの違いについて先日お話ししました。

 

ボタンにエラスティックをかける時にイージーフックは使いやすいのですが、実はフックなしでも唇側線にエラスティックはかけることはできます。

 

唇側線のループの部分に直接エラスティックをくくりつける方法。

 

ストラップなどをくくりつけるように丸いエラスティックの輪を唇側線にかけるのです。

 

これ、ちょっと手間なんですよね・・・。

慣れると簡単なのですが、

エラスティックが小さいとピンセットが必要なこともあります。

 

イージーフックか

直接取り付けるかは、

メリットデメリットがあるのですが

 

イージーフックのメリットは

「患者さんがエラスティックをかけやすい」

デメリットは

「外れる時がある」

 

直接取り付けるメリットは

「何かがとれたりするリスクがない」

デメリットは

「慣れないと毎回つけるのがたいへん」

 

なのです。

 

なので、

はじめにイージーフックをつけておいて、

取れてしまうようだったら直接つけるように指導しておくと安心です。

実際、そのように指導していました。

 

「とれないようにしたい」

「患者さんがエラスティックをかけやすいようにしたい」

というならば、

クリンパブルフックを使う選択肢が出てきます。

 

それぞれのやり方のメリットとデメリットで選択していただければなあと思います。

 

 

 

これらの詳しくは

床矯正治療のQ&Aの1st step(デンタルダイヤモンド 社)のP130から詳しく書いています。

 

 

 

 

■いいかおそだて主催セミナー■

9月16日-20日 特典付きスタッフ向けバイオセラピーセミナー(オンライン)予定

(売り上げの一部はチャリティーとして寄付させていただきます)

「コロナ時代のバイオセラピー 食育を中心に」

https://peraichi.com/landing_pages/view/zqwa2

 

お申し込み締め切りは9月9日。

■Ciメディカル主催セミナー■

9月13日(日)14:00~17:00

Ciメディカル東京ショールーム及びオンライン開催 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子
(内容の一部はいいかおそだて5月20日主催のセミナーと重複しております。内容についてのお問い合わせはinfo@iikaosodate.comまで) お申し込みはCiメディカルセミナー係まで。

 

■院内出張セミナー■

衛生士・助手向け 「口腔筋機能療法(バイオセラピー)・実践セミナー」3h

衛生士・助手向け 「装置の調整と説明・実践セミナー」3h

講師:大河内淑子

「お問い合わせ」ページから直接お問い合わせください。