日常あれこれ

息子の矯正初診

こんにちは

 

大河内です

 

先日、息子の床矯正初診の検査をしていただきました。

 

生まれてからずっと、バイオセラピーをあれやこれや。

いろんな事を必死で試しながらやってきましたが、

やはりそろそろ限界。

 

遺伝的要素に負け始めてきました。

 

叢生はわずかなので、

バイオセラピーでいくか

そろそろ装置を作るかの判断で検査をすることにしました。

 

当日は検査だけだったのですが、

実際に患者サイドで検査を受けてみると、

今まで見えていなかったことがよく見える。

 

問診票の内容。

資料の読ませかた。

誘導のしかた。

待ち時間。

 

良い点も悪い点もはっきりと見えました。

 

よく、自分の医院の入り口から入って、

チェアに座るまでの患者さんの導線をなぞれというふうに

言われますが、

まあ、あれとおんなじですよね。

 

1番の改善点は初診時の資料の多さでした。

 

こちらが読んで理解していただきたい資料が多すぎました。

これじゃあ、頭がパンクする(笑)

 

これは私も作成に関わっていたので、反省です。

少しづつ、長年かけて増えてきた資料が

今や膨大な量になってました。

 

どれも必要な説明資料なので、残していましたが、

やっぱりこれじゃいかんと感じた訳です。

 

スタッフ教育で

医院の入り口から導線をなぞるように入って、

患者目線で医院をみるということはよく言われますが、

 

視点を変えるってホントに必要。

 

「そんなのあたりまえ」と

皆さんわかってらしゃるでしょうし、

改めて書くことではないんですが、

 

視点の違う位置に無理にでも立ってみる必要を

ビシビシと感じた矯正初診でした。

 

そして、

ベテランスタッフの手腕に改めて感動した初診でした。

 

やっぱ、すごいわ、彼女は。

 

■いいかおそだて主催セミナー■

9月16日-20日 特典付きスタッフ向けバイオセラピーセミナー(オンライン)予定

(売り上げの一部はチャリティーとして寄付させていただきます)

「コロナ時代のバイオセラピー 食育を中心に」

https://peraichi.com/landing_pages/view/zqwa2

 

お申し込み締め切りは9月9日。

■Ciメディカル主催セミナー■

9月13日(日)14:00~17:00

Ciメディカル東京ショールーム及びオンライン開催 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子
(内容の一部はいいかおそだて5月20日主催のセミナーと重複しております。内容についてのお問い合わせはinfo@iikaosodate.comまで) お申し込みはCiメディカルセミナー係まで。

 

■院内出張セミナー■

衛生士・助手向け 「口腔筋機能療法(バイオセラピー)・実践セミナー」3h

衛生士・助手向け 「装置の調整と説明・実践セミナー」3h

講師:大河内淑子

「お問い合わせ」ページから直接お問い合わせください。