床矯正

サンドスプリングが浮く

こんにちは

 

大河内です

 

鈴木設矢先生が考案した装置にサンドスプリングがあります。

 

これは、

動的保定装置と

静的保定装置を兼ねているので

一つの装置で目的を変えることができます。

 

積極的に動かしたいときは唇側線とサンドスプリングを締めて、

保定期間中は優しく前歯に沿わせて、

保定終了に向かうには前歯から離して行って・・・

 

などなど調整できます。

 

すごく、いい。

 

しかも、舌のスポットにレジンがないために、上顎は舌が誘導されやすい。

 

それも、いい。

 

ということで、多用しているサンドスプリングなのですが、

 

サンドスプリングの調整をせずにセットしている先生がいると聞きました。

 

もったいない。

 

というか、それはダメでしょう。

 

アダムスクラスプ維持歯の模型を掘り込んで技工士さんが作ってきてくれるので維持は取れますが、

 

スプリング類は模型を削っていないので、力がかかっていません。

 

なので、チェアサイドでの調整が重要となってきます。

無調整でのセットはほとんどないと思ってください。

 

が、

 

やりすぎるとすぐに前歯部の床が浮きます。

 

特にサンドスプリングの浮きやすさはトップクラス。

 

うまく調整するのって、けっこう慣れが必要。

 

維持歯が近いと浮きにくいのですが、維持歯は臼歯なので、どうしても前歯とは距離があるため、浮きやすい。

 

浮いたまま気づかずに患者さんを帰すと、「後もどり」地獄へと向かってしまいます。

 

ううっ、考えただけでもコワイ。

 

後戻りするくらいなら、まだ力がかかっていないほうがマシですよね。

 

なので、サンドスプリングの調整は「床が浮かないように力をかける」ことが大前提です。

 

慣れている先生にはあたりまえの事ですが、慣れない先生はどうぞご注意ください。

 

◇◇◇セミナー情報◇◇◇

 

■いいかおそだて主催セミナー■

9月16日-20日 特典付きスタッフ向けバイオセラピーセミナー(オンライン)予定

(売り上げの一部はチャリティーとして寄付させていただきます)

「コロナ時代のバイオセラピー 食育を中心に」

https://peraichi.com/landing_pages/view/zqwa2

 

お申し込み締め切りは9月9日。

■Ciメディカル主催セミナー■

9月13日(日)14:00~17:00

Ciメディカル東京ショールーム及びオンライン開催 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子
(内容の一部はいいかおそだて5月20日主催のセミナーと重複しております。内容についてのお問い合わせはinfo@iikaosodate.comまで) お申し込みはCiメディカルセミナー係まで。

 

■院内出張セミナー■

衛生士・助手向け 「口腔筋機能療法(バイオセラピー)・実践セミナー」3h

衛生士・助手向け 「装置の調整と説明・実践セミナー」3h

講師:大河内淑子

「お問い合わせ」ページから直接お問い合わせください。