床矯正

閉鎖型は保定装置なのか?

こんにちは

 

大河内です

 

ステップアップセミナーが久々に開催されました。

 

このステップアップセミナーは始めたばかりの先生の初歩的な疑問に答えるために2011年に私と田中幹久先生とで立ち上げ、当初はビギナーセミナー という名前でした。

 

鈴木先生は昨日のセミナー後に

「オレはお前みたいなど素人によくやらせたよな、あの時」

と笑っておられましたが、

 

「ど素人だったからこそ、ど素人の悩みがわかるんですよ」

と笑って返しました。

 

でもこれは床矯正のど素人という意味と

セミナーのど素人という意味でした。

 

ですよね(笑)

 

任せると決めたら全て任せる

良い意味での「丸投げ力」も

鈴木先生は徹底されています。

 

 

さて、

床矯正自体は「ど」のつく素人を卒業してしまったので、

セミナーの質問はとっても貴重です。

 

昨日のセミナーでも

「閉鎖型の装置は保定装置として使うのか?」

というご質問がいくつかありました。

 

そのとうりです!

 

でも、これって、

「あたりまえ」の事すぎて、

あまり本に書いていなかったかも。

 

反省です。

 

ご質問くださった方、感謝です。

 

ですので、ここでも補足説明です。

 

前歯の叢生を改善するために拡大してスペースができたならば、

そのスペースに前歯を並べるために閉鎖型の装置に移行します。

 

移行と書きましたが、閉鎖型の装置を新製するということです。

 

装置の印象を取ったならば、

次回閉鎖型ができあがる前までに、

今まで使用していた拡大装置を

「スクリューを巻かずに」

口腔内に1日14時間以上入れておいて頂きます。

 

これが閉鎖型が入る前の保定装置代わりです。

 

なので、拡大装置が不適合な場合は

レジンでリベースしたり

クラスプを調整したりして

保定装置の役割を果たすための調整が必要です。

 

これをしないで装置を外していたり、

不適合な装置を入れていると

時間のセット時に歯列が変わって

閉鎖型が入らなくなります。

 

そして、

2週間後くらいに新製した閉鎖型の装置をセットします。

 

ここで注意が必要なのは

閉鎖型の装置のサンドスプリング(指様弾線とかオメガループとか言われているヤツ)はセット時には力がかかっていない状態で納品されてきます。

 

ですので、

セット時に適合を確認した後に

サンドスプリングをアクティベートする必要があります。

 

かっこよく言いましたが、

要は活性化させる調整です。

 

これはサンドスプリングだけでなく、

唇側線も一緒に調整します。

 

 

歯列のどの部分を動かしたいかによって

活性化の部位は変わります。

 

具体的な方法は

「なぜからはじめる床矯正治療のQ&A」の

92と93ページに載せていますのでご参考ください。

 

ちなみにこの本は

ビギナセミナーとステップアップセミナーで

よくある質問を書籍にしたものです。

ぜひお役立てください。

 

https://amzn.to/2ZNtIx0

 

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=ookouchi-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=4885103118&linkId=84fcdfb685ae1aef0f49442d4be75a6f”></iframe>

 

余談ですが、

 

Amzon のこの本の著者名が私の名前が「その他1人」になっている。

ひどい(笑)

ほとんど私が監修して書いたのに・・・

 

「名前が長いからだな」ということにしておこう。

 

 

◇◇◇セミナー情報◇◇◇

 

■いいかおそだて主催セミナー■

現在開催の予定はありません

 

■Ciメディカル主催セミナー■

New 7月26日(日)13:00~16:00

CiメディカルWeb開催 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子
(内容の一部はいいかおそだて5月20日主催のセミナーと重複しております。内容についてのお問い合わせはinfo@iikaosodate.comまで) お申し込みはCiメディカルセミナー係まで。

 

■床矯正研究会・会員セミナー■

7月 19日 12:30~16:00 全水道会館
「第13・14回ステップアップセミナー大阪・東京」

床矯正治療のトラブル対策〜「こんなはずではなかった」を防ぐために

講師:大河内淑子・鈴木設矢

お申し込み・お問い合わせはオーラルアカデミーまで

 

■院内出張セミナー■

※7月13日(月)よりお申し込み可

衛生士・助手向け 「口腔筋機能療法(バイオセラピー)・実践セミナー」2h

衛生士・助手向け 「装置の調整と説明・実践セミナー」3h

講師:大河内淑子

「お問い合わせ」ページから直接お問い合わせください。