床矯正

A点とB点  

こんにちは

 

大河内です

 

「舌の正しい姿勢位を保つ」ことは

小児の口腔の育成で大切な治療の一つです。

 

ただ、

口腔内に装置をいれるということは

舌房を少なからず

ジャマしてしまいますよね。

 

必要な装置が

必要な機能をジャマするというジレンマ・・・・

 

とてもキモチワルイ。

 

なので、

できるだけジャマしないような工夫が必要となります。

 

以前お話しした床矯正装置を用いている

筒井照子先生もかなりこれは注意しているそうです。

 

筒井塾の床矯正コースに参加した際に、

床に「A点」「B点」を付加していると聞きました。

 

「口蓋を広く覆うプレートを長期間装着することにより

舌位が悪くならないように(舌房をなるべく小さくしないように)

A点(スポット)、B点(口蓋部)のプレートに穴を開ける」

 

という工夫をされていました。

 

なるほど!!!と感激しました。

 

考えてみると、「あたりまえ」のことなんですけどね。

 

この「あたりまえ」が思いつかないわけです。はい。

 

それ以後は、

低位舌の小児には

上顎の床にA点・B点を付加するようになりました。

 

これはチェアサイドで、ですね。

 

A点のみにしてみたり、B点のみにしてみたり、

色々工夫をしてみたのですが、

今ではA点とB点の複合タイプを用いています。

 

症例によっては

劇的な効果がある場合がありますし、

逆に全く関係ない場合もあります。

 

毎日使っていると

「今まで使っているからいいだろう」

という感覚になりますが、

鈴木語録の

「なぜそうなったかを考えろ。」

を意識して

「あたりまえ」を進化させていっています。

 

今月のステップアップセミナーでは

そういった進化系の床矯正装置のお話もしていきますので

参加者のみなさまはお楽しみに。

 

セミナーのスライドを昨日作り終わりましたが、

伝えたいことが多すぎて詰め込みセミナーになってしまいました。

 

鈴木先生も途中参加してくださるそうなので

時間内に終わるかホントーーに心配です。

 

いやあ、絶対終わらないな(笑)。

 

 

◇◇◇セミナー情報◇◇◇

 

■いいかおそだて主催セミナー■

現在開催の予定はありません

 

■Ciメディカル主催セミナー■

New 7月26日(日)13:00~16:00

CiメディカルWeb開催 予定

「GPにこそおすすめしたい3歳からはじめる矯正治療パナシールド」

講師:大河内淑子
(内容の一部はいいかおそだて5月20日主催のセミナーと重複しております。内容についてのお問い合わせはinfo@iikaosodate.comまで) お申し込みはCiメディカルセミナー係まで。

 

■床矯正研究会・会員セミナー■

7月 5日・19日 12:30~16:00 新大阪丸ビル別館・全水道会館
「第13・14回ステップアップセミナー大阪・東京」

床矯正治療のトラブル対策〜「こんなはずではなかった」を防ぐために

講師:大河内淑子・鈴木設矢

お申し込み・お問い合わせはオーラルアカデミーまで

 

■出張セミナー■

※7月13日(月)よりお申し込み可

衛生士・助手向け 「口腔筋機能療法(バイオセラピー)・実践セミナー」2h

衛生士・助手向け 「装置の調整と説明・実践セミナー」3h

講師:大河内淑子

「お問い合わせ」ページから直接お問い合わせください。