床矯正

涙型ボールクラスプ

こんにちは

 

大河内です

 

いつも何気なく使っている装置やトレーニング器具も鈴木先生が考案されたものも多く、症例を整理していると改めて鈴木先生の開発力には驚かされます。

 

いつも使用している「涙型のボールクラスプ」も鈴木先生が考案されたものの一つですが、通常のボールクラスプを改良してより使いやすくなっていますよね。

 

通常はシンプルに屈曲してボール部分をアンダーカットに設定して使用するのですが、涙型によりボール部分の可動域が広がり、調整の応用範囲が広がります。

ボールクラスプは固形空隙に設定して使用するのですが、可動域が広がることにより、隣在歯が萌出中で固形空隙がない場合はアンダーカットに入れることで維持を取ることもできます。

 

涙型にすることの欠点はほぼないのですが、技工が一手間かかるというのと、指で引っ掛けやすいので患者さんがついボールクラスプで外して破断する、維持が強いので歯肉にくいこむ、くらいでしょうか。

 

まあ、それも滅多にないので、あまり気にならないレベルです。

 

ボールクラスプは基本的には小臼歯間に涙型で設計することがほとんどなのですが、まれに前歯の間に設計して維持を持たせることもあります。これは鈴木歯科医院の技工士さんがいろいろと考えてくれてお互いに話し合って最近ではスタンダードになってきました。この場合は涙型にしないことが多いので、目的によって涙型は使い分けています。

 

また、技工に関しては院内技工士に床装置を作ってもらったり、床矯正研究会と全く関係ないところの技工所に出してうまくいかないという話を聞きますが、それは技工所の問題ではなく、設計の指示を出す方が床装置の特性をよく理解していないからではないかなと思います。

 

クラスプの選択だけでなく、床のアンダーカットの処理の仕方一つでさえも技工所によって違います。

 

もちろん、極論を言うと技工士によっても微妙に装置の特性は違います。鈴木歯科医院で10人以上の新人さんやベテランさんの技工士さんとやりとりしていた頃は、装置をセットした瞬間に誰の装置かわかることもありました。

 

「あれ?」と思うときはやはりお付き合いの少ない新人さんが多かったですね。

 

これはどんな補綴でも同じですが、症例数の少ない技工所やあまりお付き合いのない技工士さんとやりとりする時はあらかじめ医院の装置のセットや調整などの考え方などを共有してから始める必要があるのではないでしょうか。

 

また、設計や方針などをお任せ(お任せはあまりオススメしませんが)であるならば、症例数の多い技工士さんとやりとりしてもらいたいと思います。

 

涙型のボールクラスプの調整をしながら、そんなことを思った日でした。