咬合育成

歯の萌出が遅い場合

こんにちは

 

大河内です

 

歯の萌出が遅れている場合、

どのようなタイミングで開窓を行ったり

専門医に相談したりすべきか、

迷いますよね。

 

ただ、やみくもに開窓したり、

根拠なく待ったりするのは診断とは言えません。

 

歯の萌出が遅れている原因が何なのかを診査すべきです。

歯の萌出障害なのか、

それとも萌出が遅いだけなのかを判断するには

パノラマで歯根形成や顎骨の中の歯の状態を確認することが

重要なのです。

 

デンタルでも構わないのですが、

反対側の歯胚の状態や他の歯胚の形成程度を比べることで

より確実な診断ができるからです。

また、経過を比較するのにデンタルではどうしても

術者の設定によって角度が変わるため、

規格化されたパノラマをオススメいたします。

 

歯の萌出が遅れている場合は

歯根形成の状態を確認します。

 

Van der Lindenの書いた歯・歯列の発育(クインテッセンス)によると

「永久歯は歯根の長さの1/4が形成させた時期に萌出し始め、

歯槽骨表層に到達するまで2-3年かかり、

その時点で歯根は2/3が形成されている。

それからおよそ半年くらいで歯は歯肉を突き破ってくる。

萌出後8ヶ月で歯冠の高さが4/5まで現れてくる」

と言われています。

 

歯胚の形成が遅い事だけが原因であれば、

経過観察していきます。

半年に一度程度パノラマを撮影して動きを確認します。

 

ただ、歯根形成が2/3程度なされているのに

歯胚が咬合平面に向かって移動してこない場合は

何らかの萌出障害が考えられます。

「歯が生える気がない」ことがあるため、

開窓処置で萌出を促したり、

将来マルチブラケットによる牽引の可能性を

説明する必要があります。

 

もう少しで歯肉から顔を出しそうなのに

なかなか萌出しない歯に開窓を行うと、

意外にスルッと萌出してくる場合があるため、

当院ではマルチブラケットなどの前に

まず開窓を行います。

 

装置をつける予定がないのであれば保険で算定できます。

 

ただ、患者さんが開窓を嫌がる場合もありますよね。

 

当院でも治療を無理強いすることはできませんので、

開窓しないメリット・デメリットを伝えて患者さんに選んでもらいます。

 

当院では6歳臼歯を9歳まで待って

自然萌出したというケースも数人います。

 

ですので、

何ヶ月待てば良いと一概に言えないのですが、

その歯胚の状況ももちろんですが、

患者さんへの説明と同意の複合的な診断で

治療方針を決定していくことをオススメいたします。