咬合育成

乳歯が生え始めたときのバイオセラピーは?その2

こんにちは

 

大河内淑子です

 

前回、乳歯が生え始めた時の

バイオセラピーの話をしました。

 

「スプーンの使い方を指導しましょう」という話でしたが、

補足として

「お子さんがが座るイスも考えていきましょう」

というお話もされると良いでしょう。

 

成長するに従って、

足台があるイスで食事をすることが

体のバランスがとりやすくなり、

体が安定することで食事がしやすくなります。

 

足がつかないことで

子供がイライラなどの不快感を引き起こすとも言われます(*)。

大人でも足がつかない椅イスで食事をすると

腰に負担がきたりと不安定ですよね。

 

離乳食初期では子供はホールドされた椅子などで食事をするので

必ず必須というわけではありませんが、

子供の食事の環境も揃えてあげはじめることを

すすめると良いでしょう。

 

イスは足がつくものならばなんでも良いと思います。

床に低い子供用イスを置いても良いですし、

テーブルならば足台のあるものをすすめてください。

 

私のおすすめは北欧のStokke(ストッケ)という会社の

トリップトラップというイスです。

おすすめの理由として

・足台と座面の高さが変えられるので大人まで使えます。

・0歳児でも使えるようにホルダーやクッション、テーブルなどのオプション種類が豊富

・北欧ブランドなのでデザインがいい

・色が選べるのでインテリアを邪魔しない

です。

 

私の友人の旦那さんはストッケのイスを子供の頃使っていて、

今ではそのイスを自分の子供に使わせているようです。

私も2台持っていますが、将来孫にも使わせようと楽しみにしています。

少し高めのイスですが、

長く使えると考えると高いとは感じなくなりませんか?

患者さんがイス選びに迷っているようでしたら

そのように話してオススメしています。

 

*佐藤喜志夫 小児歯科臨床2009.2