床矯正

 患者さんに言ってはならないN Gワードは?(その1)

こんにちは

 

大河内淑子です

 

小児の治療では

かかりつけ医として小さい頃からお付き合いが始まり、

成長とともにダイナミックに咬合の変化が起きる中、

何か問題が起こりそうであれば

早期に患者さんと問題について

相談していくことがあるでしょう。

 

早めに咬合育成を始めるメリットはたくさんありますが、

問題になる前に問題を起こさないような

予防についてのお話ができることが

一番のメリットであると考えます。

 

私はその咬合育成の中でも床矯正装置を取り入れて

行うことが多いのですが、

その説明にはいくつかポイントがあります。

 

私は患者さんへの説明時にN Gワードというものを意識しています。

 

以前

福岡のはなだ歯科クリニックの花田真也先生が

床矯正研究会の症例検討会で

「トラブルを防ぐための床矯正治療コミニュケーション法・N GワードとO Kワード」

という発表をされました。

その中のN Gワードは特に気をつけるようにしています。

 

下記のN Gワードについて、患者さんに言っていることはありませんか?

 

N Gワード

・「床矯正という治療法があります。顎を拡げて治す方法で・・・」

・「床矯正という治療法で簡単に治ります!」

・「床矯正治療で顎を拡げれば、歯をぬかずに治せます!」

・「床矯正治療なら安く治せます!」

・「頑張って!」

 

詳しい内容については

「G Pのための床矯正・矯正のすすめ 活用編」

 

 

に載っていますので

ぜひ読んでいただきたいと思いますが、

 

とても素晴らしい内容なので

次回から簡単にその内容を説明させていただきたいと思います。

 

N Gワードを患者さんに説明しているようでしたら、要注意です。