口腔機能

タッチスティックとポカンエックスの違い

こんにちは

 

大河内淑子です

 

口腔筋機能療法であるバイオセラピーを行っていると、

患者さんや術者からよくある質問があります。

 

「ポカンエックスとタッチスティックの違いがよくわからない」

 

とのことです。

 

使う目的が全く違うのですが、

表面に見えるプレートと柄が同じために紛らわしいようです。

 

兄弟でポカンエックスとタッチスティックを

それぞれに指導した時に保護者から

「どっちがどっちのものかわからなくなった」

と聞かれたこともあります。

 

簡単に説明すると

 

ポカンエックスの目的は口唇閉鎖を促すもので、

タッチスティックの目的は低位舌改善です。

 

ポカンエックスは歯で噛まずに唇の力でホールドし

タッチスティックは歯で噛んでホールドするものです。

 

ポカンエックスは唇でホールドするだけで良いのですが、

タッチスティクは歯で噛んで、舌をスプーン上の所にのせるという

2段階の指導が必要です。

 

あとは

 

ポカンエックスは色の種類は関係ありません。

どの色を使っても形は同じです。

 

タッチスティックは色の種類で形が違います。

4種類あります。

正常咬合位用 グリーン系(濃い色:小児用、淡い色:大人用)2 種類

切端咬合位用 ブルー系((濃い色:小児用、淡い色:大人用)2 種類

 

タッチスティックは症例によって

それぞれ使い分けるのですが、

当院で一番よく使うのは正常咬合位用(グリーン)の小児用(濃い色)です。

 

構成咬合がとれるようなら使用可能なので、

軽度の反対咬合や切端咬合位の患者さんなどで

よく使用します。

 

補足ですが、

タッチスティック2というものは普通のタッチスティックよりもスプーンの位置が斜めになったことで舌が乗せやすくなりました。

以下にオーラルアカデミーの取説のリンクを貼っておきます。

必要ならご確認ください。

http://www.oralacademy.co.jp/product/attr/ポカンX_取扱説明書.pdf

http://www.oralacademy.co.jp/product/attr/タッチスティック_取扱説明書.pdf

 

タッチスティックとポカンエックは

紛らわしい形と色ではありますが、

 

患者さんにしっかり説明できるように

理解しておくことをオススメいたします。

こうゆうのも作りました↓