中心結節の破折

こんにちは

 

大河内淑子です。

 

混合歯列期に注意すべき疾患として

小臼歯の中心結節の破折があります。

 

中心結節は歯の形態異常の一つで、

モンゴロイドの特徴と言われますが、

臨床では小臼歯に多くみられますよね。

 

1〜4%の発現率※と言われますが、

実際のところ「よく見かける」異常の一つです。

 

が、「よく見逃される」異常の一つでもあります。

 

当院で矯正のみで通っており、

かかりつけ医で定期検診を行なっている患者さんの中にも、

悲しいことに

何も言われずにいる患者さんも多いです。

「見逃されている」ことが本当に多いです。

 

処置法は経過観察・補強・削合などありますが、

私は患者さんには補強を勧めています。

 

なぜかというと、

経過観察中の結節部が折れて露髄して

早期に根管治療が必要になった場合を経験したからです。

 

萌出したての歯の根管治療なんて悲しすぎます。

 

つい、歯列不正やカリエスチェックなどに目がいって、

見逃してしまうこともあるかもしれませんが、

ここは衛生士も含めて

厳しくチェックすることをお勧めします。

 

当院では見つけたらすぐにこのプリントを渡します。

良かったらぜひご活用ください。

「中心結節とは」説明用PDF

 

経過観察するか、補強するか、削合するかは自由ですが、

見つけたら患者さんに説明することを忘れないようにすることが

後々のトラブルを防ぐことになるでしょう。

 

 

※)野田忠 「III.混合歯列期 歯の異常 癒合歯,中心結節」『小児歯科臨床プラクティス』 野田忠、佐々竜二、医学情報社、東京都文京区、2001年3月20日、第1版第2刷、106-107頁。ISBN 4-900807-36-2。