床矯正

アダムスはEか6か?

こんにちは

 

大河内淑子です

 

セミナーなどで、

床矯正装置のアダムスクラスプ(メインの維持装置)は

Eか6かどちらが良いのでしょうか?

と言う質問をとっっっっても多くされます。

 

装置の種類、個体差などにより設計は細かく判断する必要はあるのですが、

 

ざっくり言うと

 

 

EがあるうちはできるだけEにかける。

Eが抜けちゃったら(抜けそうなら)6にかける。

 

 

と話しています。

 

 

混合歯列期の歯の交換は個体差が大きく、

ゆっくり一本づつ交換してくれればよいものの、

一気にD、Eが交換する場合もあります。

しかも6の遠心がまだ萌出しきれていない場合もあります。

 

「どこに維持をとればいいんだこれは!!」

 

と悩む場合もあるのですが、この場合は保護者の方に

 

「一気に抜け変わっているので

装置がきちんとフィットしたものを作れませんので、

この時期は装置がパカパカしやすくなります。

生え変わってからフィットするものを作りましょう。」

 

と正直に言います。

 

最近は治療に無理がある時は早期に予測して

保護者の方にそのまま正直に話して理解してもらうのが

一番トラブルが少ないと感じます。

 

それでも、

6が萌出しきれていないならば単純鉤にして、

4と5の間にボールクラスプを設置して、

萌出を邪魔しないように維持をとる調整はなんとかできるものです。

 

つまり、

 

理想は「EがぬけるまでEにアダムス。抜けたら6にアダムス。」なのですが、

 

実際は「Eが抜けそうになったら6の状態でアダムスか単純鉤か判断する」ことの方が多いかもしれません。

 

当院では装置の維持はクラスプをメインとしますが、床を維持装置としてフィットさせるという考えもあります。どうしてもクラスプで維持がとれない場合は床をリベースしてフィットさせる事もあります。

 

本当にケースバイケースですので、

ぜひ実際にいろいろな維持を経験してみることをおススメいたします。