床矯正

嘔吐反射をさせない印象のコツ

こんにちは

大河内淑子です。

どうしても嘔吐反射が起こってしまった時の印象時の対応についてが前回のブログのお話でしたが、日々「嘔吐を絶対にさせない!」という気持ちで嘔吐反射を予防することが必要です。

小児の嘔吐反射をさせない一番のポイントは「印象材の量を最低限で採れるように練習を重ねる」ことです。

よく上顎の印象は口蓋後方部からゆっくと前方部に印象材を送り込むように力をかけると教わりますが、私は小児の印象時は逆にしています。最小限の印象材で前方から力をかけて少なく盛った口蓋と後方部に前方部からあふれた印象材を送り込み、最後臼歯後方部ギリギリで印象材がピッタリ終わるように調整しています。

どんなにがんばっても大量の印象材であふれかえって印象をとることでは嘔吐反射を防ぐ事はできません。

日々、「口蓋が深いから、ユーティリティーワックスで口蓋部を底上げ。」「口蓋が浅めなので量を少なく。」「最後臼歯がフレアしているので最初に印象材を指でぬろう。」等口腔内をよく観察した上で印象材の量を最低限で採れるように練習が必要です。

鈴木歯科医院の衛生士は私の何十倍も小児の印象を採っているので、私も始めは皆にコツを教わりながら練習をしました。

まずは大前提である印象材の量の練習をしながら、

印象前、印象時、印象後と嘔吐反射予防ポイントを適宜活用します。

そのポイントについては「その2」で触れたいと思います。